クラウンをかぶせる治療を途中でやめると歯を失う可能性が高い!

虫歯を削ってクラウンをかぶせる治療は長くかかる

ひどい虫歯を抜歯するのではなく、治療して残す場合、かなりの回数、歯医者に通わないといけません。というのは非常にやることが多いからです。まず、歯根の状態を見るのにレントゲンを撮らないといけませんし、そのあと、神経を取り、クラウンをかぶせるために歯を削り、歯の型を取ってできあがったクラウンをかぶせることになります。
しかし、人によってはあまりにも治療が長いので、途中で歯医者に通わなくなってしまうこともあります。特にクラウンができあがるまでの時間、仮歯をはめて過ごすことになるのですが、仮歯でも見た感じは普通の歯に見えるので、その段階で「もうこれでいいじゃないか」とやめてしまう人が多いのです。

仮歯が入った時点でやめてしまうと

ただ、仮歯の状態でずっと過ごすのは無理があります。仮歯というのはいわば張りぼてのようなもので、見た目は歯のように見えたとしても強度的にクラウンにはまったくかないません。そのため、しばらく使っているうちに壊れるか、外れてしまう可能性が非常に高いです。負荷をかけなければ一年程度は持つかもしれませんが、クラウンと比べると寿命は相当短いです。
もし、仮歯がなくなっても放置し続けていると、クラウンをかぶせる土台として残った天然の歯も駄目になってしまいます。というのは、削った歯というのは象牙質がむき出しになっている状態であり、通常の歯と比べて虫歯に感染しやすいからです。なので、仮歯を入れたあと必ず歯医者に行って、しっかりとクラウンをかぶせてもらうようにしましょう。

根管治療とは、歯の根の内部にある血管や神経などが通っている根管を治療することです。虫歯や歯の亀裂、それに外傷などを理由に感染症や炎症を起こしてしまったときに行われます。